希望通りの住宅を購入しよう

人間の精神面に影響を与える

生きていくために必要

1回だけ見学に行く人が多いですが、それだけではハッキリ言って情報が足りません。
その時間はたまたま日当たりが良かったかもしれませんが、1日の中でほとんど太陽の光が遮られてしまい、室内が常に真っ暗という住宅があります。
太陽の光が当たらないお部屋で洗濯物を干しても乾かないので、考え直した方が良いでしょう。

さらに人間が生きていくために、太陽の光を浴びることは欠かせません。
日当たりが悪い家でずっと生活を送っていると、次第に元気を失くし、うつ病などの精神的な病気を発症するリスクが高まるので注意してください。
しっかりと確認できるよう、様々な時間帯に見学に訪れましょう。
特に周囲に大きな建物がたくさんある物件は、日当たりが悪くなりやすいです。

プライバシーと防犯面を確認しよう

外から住宅の内部の様子が見えやすくないか、見学の際にチェックしましょう。
どこからでも室内が見える住宅だとプライバシーを守れないので、次第にストレスを感じます。
しかし敷地内のプライバシーが高いと、防犯面に問題が出てしまうこともあるので、どのくらいプライバシーを守れていれば良いのか事前に決めておきます。

高い塀や柵があったりして住宅の様子が見えにくいと、不審者が侵入した時に誰も気づけません。
特に道路から死角になるドアや窓は狙われやすいので、完全にプライバシーを守れる住宅が良いなら、防犯面も高まるように監視カメラなどの準備が必要です。
その場合はどこに監視カメラを付ければ良いのか、見学の時点で考えておきましょう。